【企画展】出島ターフル料理展&出島発掘半世紀の歩み 同時開催!

      令和元年度企画展 

出島ターフル料理展 

           閉ざされた島の食事情 

 

2019年11月22日(金)13:00より、出島内で出島ターフル料理展 閉ざされた島の食事情を開催いたします。日本で唯一ヨーロッパに開かれていた出島。そこで提供されていた料理も当時の日本には見られない独特なものでした。国際色あふれる小さな島で展開された食文化をご紹介します。

ターフルとはオランダ語で「Tafel」、テーブルのことです。ターフルを囲んで食べる洋風料理  一般のことを長崎地方では「ターフル料理」と呼んでいました。

会 期  2019年11月22日(金)13:00から2020年1月13日(月・祝)まで
場 所  出島内 筆者蘭人部屋2階、十六番蔵2階
料 金  無料(出島への入場料が必要です)

 

また、出島内考古館1階にて、

出島発掘 半世紀の歩み

も同時開催!
出島で長年行われてきた発掘調査が令和元年度に半世紀を迎えるため、
これを記念し、成果と歩みを伝えるパネル展示です。

出島の復元整備事業の推進にあたり、基礎的な成果となった建物遺構の発見や、話題となった出土品の数々をご紹介します。

秋が早くも過ぎようとしています。夕方から空が暗くなりだす季節。
ライトアップされた復元建物を比較的早い時間帯から味わうこともできます。
ぜひ冬の出島にも遊びに来てくださいね。