出島復元の目的

鎖国時代、日本と西欧を結ぶ唯一の窓口であった出島は、経済・文化・学術の交流拠点として、日本の近代化に大きな役割を果たしました。しかし、明治以降、出島周辺の埋め立てが進み、明治37年の第2期港湾改良工事により、海に浮かぶ扇形の原形を失ってしまいました。出島は、日本だけではなく世界史上においても貴重な歴史的遺産であり、その復元は市民はもちろん、国内外の多くの人々が待ち望んでいます。